美容室の新規客を集客する方法は多数あります。また「集客しやすい時期」に仕掛けると、反応が高い・費用対効果が高くなります。そこで今回は、美容室の「代表的な集客方法8種類」と、新規客が集まりやすい「時期」を月別にご紹介します。

新規集客

美容室8つの新規集客方法【月別】新規客が動く時期/効果が良い時期

美容室の【年間・月別】新規客が集まる・動く時期

まず集客方法をご紹介する前に、その「効果が高い時期」に投資するのも大切です。
つまり「新規客が動きやすい・集めやすい」時期です。

あくまでも私が集客で関わったサロン様で、経験から導いた答えが以下です。

  • 新規客が「よく動く時期」
    3月~8月、12月
  • 新規客が「動きにくい時期」
    1~2月 、10~11月

月別/新規集客の効果・反応

1月・・  × 悪い(オフィス街は良い)
2月・・  △ 前半は鈍い/後半は良い
3月・・  ● 最高に良い(1年でもっと集客する
4月・・  ◎ かなり良い
5月・・  ◎ かなり良い
6月・・  ◎ かなり良い
7月・・  ◎ かなり良い
8月・・  ○ 良い
9月・・  △ 普通(地域による)
10月・・  × 悪い(地域による)
11月・・  △ 前半は悪い/後半は良い
12月・・  ◎ かなり良い

1~2月は、郊外サロンは新規客の動きが鈍いですが
オフィス街のサロンは「ネット集客」に限り、最近はよく動きます。

次に3~8月は、もっとも集客しやすい時期です。

実際に私が関わるサロン様の多くはこの時期にチラシを配ります。
チラシを配ると連動して、紹介集客やネット集客が増えます。

昔に比べて、良くなった時期が5月。
これは猛暑が前倒しで年々来ているので、その影響かもしれません。

最後に9~11月。
この時期は新規客の動きが鈍るので
チラシをスタッフ・ポスティングでコツコツ配るのがおススメです。

この時期にそれをしておけば、「サロンの認知度」が上げり、
次の大きな山場の12月や3月に、かなり集客しやすくなります。

美容室の代表的な「8種類」の新規集客方法

<8つの集客方法>

  1. チラシ(リーフ・地域紙)
  2. 紹介
  3. DM(失客掘り起こし)
  4. 看板
  5. ホームページ/ブログ
  6. SNS
  7. アプリ
  8. ホットペッパー(ネット広告サイト)

他にも、たくさんの方法がありますが
私が集客サポートをさせてもらっているサロン様では、
この8種類を組み合わせて、時期に合わせて攻めています。

ではこの8種類のポイントを解説していきます。

チラシ(リーフレット/地域フリーペーパー含む)

  • 集客しやすい「時期」に仕掛けるのが重要
  • 「配り方」がもっとも大切
  • 選ばれるための「3つの情報」がチラシに載っていること

※チラシの配り方、内容については以下の記事を参考にしてください。

紹介

  • 紹介の「仕組み」(特典・ツール・渡し方)が重要
  • ツールの中でも「紹介カード」は必須

DM(失客掘り起こし)

  • 6か月以上、来店していない既存客(失客)に割引DMを送る
  • 高い反応率で7%以上(1000枚出して70人来店)
  • 1年に1回は出した方が良い(特に郊外サロンは)

看板(ポスター看板など)

  • もっとも費用対効果が高い手段(特に郊外サロン)
  • 多いサロンでは月に10人の「飛び込み客」が増えた
  • 新規オープンの時は必須
  • ポスター看板を「置く場所」も重要
  • ポスター看板の横には「チラシやリーフ」など、持って帰ってもらうツールを配置する事

ホームページ/ブログ

  • 自社の「ネット予約」と連動している方が集客する
  • フォトの質が重要
  • スマホ対応は必須(80%以上がスマホで見るため)
  • MEO対策(グーグル地図の上位表示対策)が、今後ますます重要度を増す
  • ブログは「アメブロ」よりもホームページ内ブログ(wordpressなど)の方が良い

SNS(インスタグラム・Twitter)

  • インスタグラムは特に集客に向いている(月100人以上集客する店・人もいる)
  • インスタグラムは「投稿写真」だけでなく、どこに誘導するかの「出口」も重要

※インスタで集客するには「5つの条件」が必要

アプリ

  • minimo(ミニモ)などが有名
  • もともとは「カットモデル募集」のためのアプリなので、50%オフ以上しないと集客しにくい
  • 大きな割引をして集客するため、新規リピート率はかなり低い

※「オフィス街のサロン」が特に向いている
※「郊外サロン」はオフィス街ほどは集客していない

ミニモでもっとも大切なのは「何のために使うか」という視点。
「売上重視」で使うと、効果は望みにくい。

ホットペッパー

  • スタイル写真(フォトの質)が重要
  • クーポン内容が重要
  • 口コミの「質」と「数」が重要
  • スタッフページが重要
  • ホットペッパーのブログは毎日書く

そのほか、集客するには「10の必須条件」があります。
細かいテクニックで分けると100以上のノウハウがあります。

まとめ いつの時期が良い?どの方法が良い?

「でも結局、いつが一番良い時期?」と聞かれるなら
いつも私はこう答えています。

『必要と思った時(いま)。』

新規集客する最大の秘訣は
「やるか・やらないか」だけです。

「やる!」と決めたら、その時がやる時。
「集客しやすい時期からはじめよう!」では、正直遅いです。

例えばブログやSNSは確かに効果はあります。
しかし効果を出している美容室は、毎日30分~1時間はかけて、質の高い情報を発信しています。

ですからもしも毎日1時間かけてブログやSNSの発信を徹底できないのなら、代わりに毎日1時間、チラシのポスティングをした方が絶対に集客します。(郊外型の場合)

「お金・時間・手間」というサロンの資産を何に・どれだけ投資するのか。

何も投資せず、集客はできません。
「魔法の方法」などありません。

毎月バランスをみながら投資して
新規集客に取り組んで欲しいと思います。

この記事を書いた人

中川 淳

中川 淳 株式会社IT-Brain(アイティブレイン)代表取締役。美容室専門の集客・求人プロデューサー。美容室で年間2000店舗以上/年間5万人の新規客の集客に関わる。 2014年、地域密着の美容室の集客方法をまとめた「行列のできる新規客の集め方」本を出版。Amazonランキング4部門で1位。 またセミナー講師もつとめ、経営者や美容師さんを中心に、受講者は全国で7,000人以上(2018年10月時点)。

株式会社IT-Brain(アイティブレイン)代表取締役。美容室専門の集客・求人プロデューサー。美容室で年間2000店舗以上/年間5万人の新規客の集客に関わる。 2014年、地域密着の美容室の集客方法をまとめた「行列のできる新規客の集め方」本を出版。Amazonランキング4部門で1位。 またセミナー講師もつとめ、経営者や美容師さんを中心に、受講者は全国で7,000人以上(2018年10月時点)。

関連記事

最近の記事